赤ちゃんの寒さ対策 厚着はダメ!

最近、急に寒くなりましたね。風の冷たさに驚いたのか、保育園にやって来る子どもたちの厚着なこと!保育士たちは長袖Tシャツ1枚なのに、子どもの方が長袖シャツにトレーナーなんて恰好になっています・・。

小さいから心配になってしまうのでしょうが、実は赤ちゃんや子どもって、厚着しなくても大丈夫なんですよ。

では、どんな服装が良いのでしょう? そして、防寒対策はどのくらい必要なのでしょうか?

1.赤ちゃんはどのくらい着せたら良い?
2.赤ちゃんが寒いと感じているか?はどうやってわかる?
3.暖房を使う時の注意点

について書いていきます。

防寒のためにはどのくらい着せたら良い?

生後1か月までは体温調節も出来ないので、たくさん着せてあげて下さい。ほぼ寝ているので、布団をしっかりかけてあげましょう。
では生後2か月以降の赤ちゃんはどうすれば良いでしょう?
赤ちゃんは寒い冬でもたくさん着せすぎてしまうと、体の熱を上手く逃がすことが出来ずに汗をかいてしまうことがあります。汗をかいても厚着をしていると大人が気づかない場合もあるので、そのまま着替えないでいると汗が蒸発するときに体温まで奪ってしまって冷えてしまいます。
赤ちゃんや子どもは、大人よりも薄着にすると良いですよ。
大人の場合は、厚めのトレーナーなどを着ますが、子どもは薄めの服を重ね着すると良いです。そして、温度によって脱ぎ着して調節しましょう。
厚めのトレーナーやコート、ジャンパーなどは外に出るときだけ着せましょう。室内では冬でも半袖シャツに長袖Tシャツ、もしくは裏起毛ではないトレーナーで十分です。
室内では靴下も要りません。外出時以外は裸足で過ごすようにしましょう。

寒いと感じているかどうかはどうすればわかる?

赤ちゃんって手足が冷たくなっていることがあります。それで慌てて厚着をさせてしまうのは間違い。
赤ちゃんは手足から熱を発散させて、体温を調節しています(だから靴下も要らないんですよ)。手足が冷たいのは当たり前のことなんです。
確かめ方としては、赤ちゃんの唇の色が悪くなっていたり、お腹や背中が冷たくなっていたら寒いと感じている証拠です。そうなっていたら、服を一枚着せるか、暖房の温度を上げましょう。

暖房の使い方

寒い日は暖房を使うのも一つの方法ではありますが、あまり長時間点けたままにするのは赤ちゃんにとって良くありません。
設定温度は20度~22度くらいにして、冷房の時と同じように赤ちゃんに風が直接当たらないようにしてあげて下さい。

そして、暖房を使う時に特に気を付けないといけないのは湿度。60%を目安に、加湿器を点けたり、洗濯物を室内干ししたりして加湿しましょう。
夜眠るときは暖房は切りましょうね。寝ている間もずっと暖房していると、赤ちゃんには暑すぎます。寝汗をかいて、あせもが出来たり、逆に冷えて風邪をひいたりしてしまいますので気を付けましょう。

赤ちゃんが寝る部屋を直前まで温めておくのが良いです。また湯たんぽなどで、布団を温めておくのも寝やすくて良いですよ。湯たんぽなどは、寝るときは外しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする