黄昏泣きって何?対処法は?

「黄昏泣き」聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?みんなが必ず泣くわけではないですが、黄昏泣きが始まったらどうすれば良いのでしょうか?
ここでは、
1.黄昏泣きって何?原因は?
2.生後何か月頃から始まっていつ頃終わる?
3.対処法は?
について書いていきます。

黄昏泣きって何?

夕方になると、赤ちゃんがぐずぐずと泣きだすことを黄昏泣きと言います。
特に理由はないのに毎日同じ頃になると泣き出す・・。
忙しい時間帯に泣かれるとどうすれば良いのか、ママやパパも不安になるし、イライラすることもあるでしょう。

医学的には原因ははっきりしていないのですが、色々考えられます。
まず、夕方という時間。ママやパパが「そろそろ夕食の支度をしなくちゃ」とか「洗濯物を取り込んで畳んで・・」とかちょっとバタバタする時間なので、赤ちゃんは構ってもらえないのもあってぐずり出します。
そして、体力的にも疲れてくる時間で、ちょっとした眠気や体のダルさ何かがあって機嫌が悪くなることも。
また、夕方までにうまく排便出来ていないときもぐずります。お腹にガスが溜まっていてもご機嫌ななめに。お腹をマッサージしたら楽になることもありますよ。

時期は生後何か月頃?

大体、生後3か月頃から泣き出すと言われています。もちろんこれも個人差があるので2か月で泣き始める赤ちゃんもいますし、泣かずに終わる赤ちゃんもいます。
そして大体2~3か月経ったら収まることが多いです。長引く場合もありますが、いつかは終わりがきますよ。

対処法は?

黄昏泣きは、上にも書いたように原因がはっきりしていません。いつものように、オムツが濡れていないか?空腹ではないか?ガスは溜まっていないか?を確認して、対処してもダメだったら、この時期はとにかくゆっくりと関わってあげるしかありません。
ちょっと外の空気を吸いに散歩に出たり、無理ならベランダなどに出るだけでも赤ちゃんは気分が変わることがあります。
「なんで泣くの!?」「早く泣き止んでよ~!」なんてママやパパがイライラしたら赤ちゃんもイライラしてしまいます。「この時期は仕方ないね~」とどっしり構えて抱っこしてあげましょう。
夕食の準備なんかで焦る時間ではありますが、赤ちゃんが機嫌の良い日中にある程度済ませておくとか、赤ちゃんが泣き止んでから準備するとかして、時間を作りましょう。
赤ちゃんが泣く時間はママやパパも赤ちゃんとじっくり向き合う時間と決めて、用事はとりあえず置いておきましょうね。

2~3か月と聞くと長い気がしますが、赤ちゃんとの時間は1年ちょっとと短くて、あっという間に終わってしまいます。抱っこしたいと思っても抱っこさせてくれなくなりますよ。今のうちにいっぱい抱っこしておこう!と思えば乗り切れそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする