赤ちゃんの暑さ対策

最近、夏が異常な暑さになっていて、赤ちゃんは汗だくで大変です。
赤ちゃんの暑さ対策、熱中症対策はどうすれば良いのでしょう?
ここでは大きく3つの対策をご紹介。
1.エアコンの使い方
2.お出かけのときの工夫
3.水分補給の方法

エアコンを上手に使いましょう

昔は、暑さもこれほどではなかったので、「赤ちゃんにエアコンはダメ」という考えもありました。また、最近では「節電」も叫ばれていてエアコンを使うのは良くないかな?と思いがちです。
確かに体が冷たくなるくらいガンガンにエアコンを効かせるのは良くないですけど、適度に使うのは効果的なんですよ。
赤ちゃんがいるときは、設定温度は高めに28度くらいにしましょう。
風の向きは上にして、赤ちゃんに直接冷気が当たらないようにしてください。扇風機を併用して部屋の空気を拡散すると良いですよ。
とはいえ、ずっとかけっぱなしにしてしまうと、体温調節するのが下手になってしまうので、朝早い時間や風が心地良いときにはエアコンは止めて窓を開けましょう。
そしてエアコンを点けるときは、赤ちゃんの汗を拭いて、服が濡れていたら着替えさせえてからにして下さい。冷えてしまって風邪をひいてしまいます。
時々赤ちゃんの身体に触れて、冷えていたら止めるか、風量を減らしたり設定温度を上げたり、布団を掛けたり工夫してあげて下さいね。


赤ちゃんがいるおうちでは、温度計湿度計があると便利です。夏は室温を25~28度(冬は18~22度)くらいにするのが適温です。温度計を置くのは赤ちゃんが寝ている近くにしましょう。冷たい空気は下に、温かい空気は上にたまりやすい物です。低い所で寝ることが多い赤ちゃんは、大人の体感温度よりも温度が低い所にいると思って下さい。赤ちゃんのそばにある温度計を見て確認して下さいね。

お出かけのときの対策

出来れば、暑い日の11時~16時くらいまでは出かけない方が良いのですが、なかなかそうもいかないときもあるでしょう。
お出かけのとき、抱っこ紐でも、ベビーカーに乗るときも、背もたれ部分に保冷剤を入れておくと便利です。保冷剤はタオルで巻いて、直接赤ちゃんに触れないようにしましょう。

車のチャイルドシートにも使うと良いですよ。チャイルドシートは思いがけず熱くなっている物です。赤ちゃんを乗せる前によく温度を確認しましょう。冷却スプレーなども便利ですよ。
外を歩くときは、出来るだけ日陰を選んで。建物に入って冷房が強くかかっている場合は、保冷剤は外してあげましょうね。

また、赤ちゃんにも帽子をかぶせてあげてください。自分で外せないくらい小さい頃から、出かけるときはかぶる習慣をつけておくと、嫌がらずにかぶるようになりますよ。

もうすでに嫌がる時期になってしまった赤ちゃんでも、おもちゃなどで気をそらせたり、1歳を過ぎているような赤ちゃんの場合は「お外では帽子をかぶらないと暑いからね」ときちんと言い聞かせて出かけましょう。

水分補給、どうすれば良い?

離乳食が始まる前の赤ちゃんは、母乳や粉ミルクで水分は足ります。この時期に無理に他の飲み物を与える必要はありません。ママの母乳がしっかり出るように、ママが水分をたくさんとりましょう。
離乳食が始まっている赤ちゃんには、麦茶が良いですよ。ただし、冷蔵庫に入っていた冷たい麦茶はだめ。常温の麦茶にしましょう。冷たすぎると赤ちゃんの身体が冷えすぎて余計に体調が悪くなります。大人用に作った麦茶に少し湯冷ましを足して、薄めてあげてくださいね。
いつも以上にたくさん汗をかいている時や、熱が出たとき、下痢が続いたとき、何も飲まない食べないときなどには、赤ちゃん用のイオン飲料をあげて下さい。ただし、糖分も入っている飲み物なので、常用しないように気を付けましょう。糖分は赤ちゃんにとって消化しにくい成分なんです。緊急時にのみ飲ませて、普段は水や麦茶を飲ませましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする