幼児食【2,3歳でまだ食べない方が良い食品】

離乳食が終わったからといって、何でも食べられるというのは大きな間違いです。

離乳食が終わったら、次は幼児食になります。

1歳だとまだ歯も生えそろっていませんから、硬さや大きさも気を付けてあげないと食べられません。

そして、引き続き大人よりも薄味で、油物も控えていくのはもちろんですが、それ以外にも食べない方が良い物がまだまだあります

ここでは、

  • 生もの
  • 刺激物
  • 化学調味料
  • はちみつ

について、それぞれ何歳くらいから食べてもいいのか?を書いていきます。

生もの(魚の刺身、肉の刺身、生卵など)

魚の刺身

魚の刺身は新鮮なものであれば、2歳ころから食べられます。

ただし、初めての物はこれまでと同じで少量ずつ。

もし「これって新鮮だろうか?」なんて不安に思うのであれば食べさせないで下さい。無理に生で食べる必要はありません。

肉の刺身

肉の刺身や炙りなどは、子どものうちは食べさせないほうが良いですよ。

大人になるまで(最低でも中学生くらいまで)待ちましょう。

焼肉を食べに行って「良いお肉だからちょっと生焼けでも美味しいよ!」なんて食べてはいけません。

子どもは大人に比べて消化器官がまだ未発達です。大人にとって大丈夫な物でも、子どもはお腹を壊すこともあります。

生肉を食べて子どもが亡くなってしまう事故はよくあります。

生のホルモンは絶対にダメ。それ以外でもしっかり火を通してあげてください。

生卵

卵かけごはん、大好きな人多いですよね。ツルツルッと食べやすいし最高!と思われますが、生卵も3歳まではやめましょう

3歳になっても、食べなくても良いならそれでいいと思います。

もしどうしても欲しがったら、体調が良い時に、少量ずつあげてみましょうね。

刺激物(わさび、からし、キムチなど)

これらは3歳頃から食べても良いことになっていますが、味覚も消化器官もまだまだ未発達な子どもです。

食べなくて済むならそのまま食べずにいて良いと思います。

子どもにとっては刺激が強すぎて、胃に負担をかけてしまいます。

炎症を起こしたり、他の臓器を傷つけることもあります

もしあげるとしてもほんの少しにしましょう。

にんにくやしょうがは、1歳頃から食べられます。

つまり、離乳食が終わるころには食べさせても良いってことです。

でも、そのまま丸かじり!なんてことはやめましょう。

やはり刺激があるので、使うとしても少量にしてください。料理の中に入れて、加熱して食べさせて下さいね。

もし、食べさせてみて嫌がるようなら、無理にあげなくても良いですよ。

化学調味料

出来れば無添加の物を使いたいところですが、離乳食が終わって幼児食にも慣れてきたら、そろそろ外食もしたくなりますから、全て避けるのは不可能です。

おうちで時間があるときは、出汁を一からとるなどした方が良いでしょうが、絶対に使わないぞ!なんて力を入れ過ぎず、適度に使っても良いと思います。

はちみつ

1歳まで食べさせてはいけないということはみなさんよくご存じだとは思いますが、1歳になったから食べても良い!といきなりハニートーストなんかを食べさせるのはやめておきましょう。

子どもは発達がそれぞれ違うものです。1歳になったら全員大丈夫、なんてことはありません

栄養価が高い食品なので食べたら良いのですが、料理に少し入れるくらいにしておいて、2歳頃から少量ずつ、様子を見て増やしていきましょう。

まとめ

大抵の物(生肉やホルモン以外)は、3歳くらいが一つの目安になるようですね

世の中にはたくさんの食材があって、全てを書き出すわけにはいきませんので、「これって何歳から食べられるんだろう?」と不安に思う食材があったら、とりあえず3歳頃を目安にあげてみると良いと思います。

守ってもらいたいのは、初めての食材を食べさせるときは、体調が良い時に少しずつ、ということです。

アレルギーが出やすいお子さんや、お腹を壊しやすいお子さんの場合は、病院の開いている時間に食べさせて下さいね。何かあったらすぐに対処できるようにしてください

そして、出来るだけ薄味を心掛けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする