ベテラン保育士が教える、トイレトレーニングの効果的なやり方と注意点

子どもが2歳くらいになってきたら、そろそろ「トイレトレーニング」かな?と思う方も多いのではないでしょうか。

でも、トイレトレーニングってどうすれば良いのかわからないというママやパパも多いのでは?

周りのお友だちはすんなりパンツになっていたりすると焦ってしまうこともあるでしょう。

でも焦らず、お子さんの成長段階に合わせてトレーニング出来たら良いですね。

では、具体的にトイレトレーニングとは何か?どうすれば良いのか?と書いていきます。

  1. トイレトレーニングを始める時期、タイミング
  2. トイレトレーニングの進め方
  3. トイレトレーニングにかかる期間、必要な期間
  4. トイレトレーニングを進めるときの注意点
  5. トイレトレーニングには、どんなパンツが良い?
  6. トイレに行きたがらない・・・どうしたら良い?

トイレトレーニングを始める時期、タイミング

極端なことを言えば、座れるようになったらオマルに座らせることは出来ます。

ただ、本格的に始める時期としては、ちょっと早いかな?と思います。

トイレという場所や便器などに慣れるという意味では始めても良いかもしれませんが。

本格的に始める前に、オムツが濡れている間隔をまず把握していきましょう。

大体、1~2時間オムツが濡れずにいられるようになったらそろそろ始めても良いです。

ただ、パンツになったら、今度はオムツでおしっこが出来なくなる子どもも多いので、もし近々旅行に出かけようとしているときなどは、旅行の後にした方が良いかもしれません。

また、しばらくはおもらしも多いので、ママやパパに余裕があるときに始める方が良いですよ。時間的にも精神的にも。

始めたら基本的には一気に進めてしまった方がラクなので、それが出来る環境に自分たちがなっているか?も考えて始めましょう。

始める前には、絵本や動画などを見せていくのも良いですし、お兄ちゃんお姉ちゃんがいるなら、実際にトイレに行っている様子を見せても良いですね。

子どもがトイレやおしっこ、パンツに興味をもったら、いよいよ開始!

トイレトレーニングの進め方

トイレに慣れる

まずは、トイレという場所に慣れさせましょう。

トイレに子どもの好きなキャラクターなどの物を置いて飾っても良いですね。

明るい電気に変えたりして明るい雰囲気を作ることも大切です。

大人でも暗くて臭くて・・みたいなトイレは嫌ですよね?子どもも同じです。

明るく清潔にしておきましょう。

便器に座ることに慣れる

トイレに慣れたら、オマルや便器に座ることに慣れさせましょう。

「おしっこしようね」と言いながら座らせて、ママやパパはそばにしゃがんで話しかけましょう。

慣れるまで1人にしてはいけませんよ。

こけたり、小さな虫が出てきたりして怖い思いをしてしまったら、トイレが怖い物という印象がついてしまって、二度と行けなくなることも。

始めは、出ないことが多いでしょう。

出ないからといって、長々と座らせてはいけません。

始めは短め、1分くらいでやめても良いですね。

子どもが楽しそうに座っていたらもう少し長くても良いです。でも長くても2~3分で終わらせましょう。

おしっこが出やすいタイミングは、朝起きてすぐ、お昼寝起きの場合が多いです。

機嫌を見て座らせましょう。

慣れてきて、おしっこが出たらいっぱいほめて下さいね。子どもも褒められたら自信になります。

おしっこが出るようになってきたら、生活の節目節目に連れて行くようにしましょう。

例えば、お出かけの前後、食事の前、睡眠の前後、お風呂の前など。

パンツへ移行

オムツの濡れる回数が減ってきたら、そろそろパンツにしてみましょう。

まずは昼間から。トイレでおしっこが出たらパンツを履かせましょう。

初めてのパンツは子どもの好きなパンツを選ばせてあげても良いですね。

「お兄ちゃんだね~」「お姉ちゃんだね~」と言いながら履かせると、子どもも嬉しそうにするんですよ。

「パンツでおしっこしたら濡れてしまうから、トイレでおしっこしようね」と声を掛けておきましょう。

パンツになって落ち着くまでは、大体1時間くらいでトイレに連れていくと良いですよ。

次にトイレに連れて行く時間までは、しつこく「おしっこは?」と聞き過ぎないように

少しずつ間隔をあけていく

そのうち、1時間で連れて行っても「出ない」という時が来ます。

そうなったら、1時間で連れて行っていたのを1時間半にし、次は2時間にし・・と少しずつ間隔をあけていきましょう。

そのころには慣れてきているので、パンツを履かせるときに「おしっこ行きたくなったら言ってね」と声を掛けておいて、その後は子どものサイン(例えば、お尻を触ったり、ソワソワしたり)を見逃さないようにしながら待ちましょう。

保育園でも、長い子どもは午前中全く行かなかったり、一日1回で終わることもありました。短い子どもはずっと1時間ちょっとで行っていました。

子どもによって違いますし、その時の天候や飲んだ水分量、体調などによっても変わります。

寝るときはしばらくはオムツ

寝るときはしばらくはオムツにした方が良いです。オムツが濡れなくなってきたら、寝るときもパンツにしていきましょう。

トイレトレーニングの期間はどれくらいかかる?必要な期間

タイミングがちょうど合って、早ければ1日でパンツになった子どももいます。

さすがにそれは珍しいタイプですが、短ければ数週間~1か月くらいで昼間はパンツになれます。

ただ、イヤイヤ期が重なったり、赤ちゃん返りが重なったりすると長引く場合も・・。

保育園でも、一旦完ぺきにパンツになったのに、長期休みのときにおうちでオムツにしていたら、元に戻っていた子どもがいました。

パンツになったら、オムツでは絶対におしっこしない子どももいますが、オムツだったら気が緩むのか普通におしっこしてしまう子どももいます。

後者のタイプだと、長い間オムツをしてしまうと、すっかり元に戻ってしまうことがあります。

そんなことがあったりして一年くらいかかる子どももいますので、他の子どもがパンツになっているからといって焦らず、ゆっくり見守ってあげて下さいね。

トイレトレーニングの注意点・気を付けること

先にも書いたように、トイレトレーニングを始めるときは、ママもパパも余裕があるときにして下さい。

おもらしが増えると、洗濯はもちろん、床を拭いたりカーペットを洗ったり、おもらしされる場所によっては、大掃除するハメになることもあります。

子どもって「どうしてそこでおもらしするの・・・」とため息つきたくなる場所でするものです。

壁と家具の隙間とか、部屋と部屋の間とか・・。

そんな掃除する時間の余裕がない!というときは、やめておいた方が良いですね。

そして、濡らされても「しょうがないか」と思える心の余裕も必要です。

トイレトレーニングで一番重要なのは、叱らないこと。

「また!おもらしして!」とか「出る前に言いなさい!」などなど叱りつけてしまうと、子どもはまずますおもらしが増えてしまいます。

おもらししてからでも「出た」と言ってくれたら「出ちゃった?気持ち悪かったね~。次はトイレでしようね」と声を掛けて素早くきれいにしてあげましょう。

もし、おもらししても言わなかった場合も、同じように「おしっこ出て濡れちゃったよ。気持ち悪いね」と改めて子どもに知らせてあげましょう。

「次は言ってね」と声を掛けておくと、少しずつ言ってくれるようになります。

おもらしを気にするあまり、何度も「おしっこは?」と声を掛けるのもダメです。大人の頭の中は全部「おしっこは?」でいっぱいになってしまいがちですけど、それを言葉にして出さないように気を付けて下さい。

言われ過ぎて気にし過ぎて何度もトイレに行ってしまい、おしっこの間隔が短くなる子どももいますし、おしっこのことばかり考えすぎてあそびに集中できなくなってしまい、子どももおしっこのことばかり考えてしまって、更に間隔が短くなって・・と悪循環になることもあります。

トイレトレーニングには、どんなパンツが良いの?

初めてのパンツは、子どもに選ばせてあげるとやる気が出ますよ。

色んなタイプのパンツがあるので、迷ってしまいますが、私のお勧めは普通のパンツです。

トレーニングパンツは、おもらししたときに床は濡れないで済むこともありますが、パンツ内におしっこが溜まっているので、脱がせるときにおしっこがダラ~ッと流れ出して大変なんです。

おもらししなくても、汗をかきやすい子どもは蒸れてしまって、上げ下げするのが大変です。そこが、トレーニングパンツの難点ですね。

それでも、室内をぬらされるより良いか、と思われる方はトレーニングパンツで良いと思います。

トレーニングパンツでも、おもらしの量によっては床まで濡れるので絶対に大丈夫とは言えませんので気を付けて下さい。

普通のパンツだったら、自分でも上げ下げできますし、何より乾きやすいのが良いです。

洗濯したら一晩で乾きますから、枚数が少なくても大丈夫です。

また、普通のパンツでおもらししたら、子どもの足を伝うようにしておしっこが流れるので、子ども自身もかなり不快です。

その感覚が「おもらし」ということを子どもにわかりやすくて、トレーニングパンツよりも、おもらししたときに教えてくれるのが早いです。

床は思いっきり濡れますけどね・・。

どちらにもメリットデメリットがあるので、どちらが良いかおうちの状況に合わせて選んでくださいね。

保育園や幼稚園に通っている場合は、先生に確認してください。

男の子も、女の子と同じタイプのパンツで良いですよ。

ボクサータイプやトランクスタイプのパンツもありますが、うんちをしたときに大変なことになるので、足回りもきちんと絞まっている物の方がお勧めです。

トイレに行きたくないと言われたら、どうする?対処法

トレーニングを始めてすぐは、子どもも比較的嬉しそうにトイレに行ってくれるものです。

でもあるとき急にトイレが嫌になるんですよね・・。

中だるみのような状態に。

とはいえ、子どもが「トイレ行かない」と言ったということは「おしっこ出ない」ということ、ではないのが問題・・。

「行かない」と言ったから連れて行かなかったら、その直後におもらし・・なんてこともよくあります。

どうして、トイレに行かないと言うのでしょうか?

その理由がわかると、対処できるようになります。

一つ一つケースを見ていきます。

あそびに夢中な時だった場合

これは、よく集中してあそぶ子どもに多い理由です。

とりあえず、そのあそびが終わるまで待ちましょう。もしかしたらその間にもおもらしするかもしれませんが、無理やり連れて行ってトイレが嫌になるよりはその後のトレーニングがスムーズになります。

子どもに「それが終わったらトイレ行こうね」と声を掛けて、あそびが終わるのを見守りましょう。終わってからトイレに連れて行けば、スムーズに行ってくれますよ。

ママやパパに決められたくない場合

これは、自分で何でも決めたい、自分で何でもやりたい子どもに多い理由です。イヤイヤ期の子どももこの理由が多いです。

時間になったから「トイレ行こうか」と声を掛けても、何でもイヤだったり、自分で決めたい子どもにとっては「何でママ、パパが決めるの!」と思ってしまいます。

そういう場合は、いくつか提案をして、自分で決めさせましょう。例えば「ごはんの前に行く?ごはん食べ終わってからにする?」という感じ。すぐに出そうであれば行くでしょうし、まだ余裕があれば「後で行く」と言うでしょう。

「ママと一緒に行く?パパと行く?」でも良いですし、「このパンツ履く?あのパンツにする?」でも良いですね。

何か動物になりきって行くというのも、保育園ではよく使う方法です。「ぞうさんで行く?カニさんで行く?」と言って、動物の真似をしながらトイレに行くんです。トイレでも「ぱおん?ぱおぱお??」なんてゾウで話しかけたりしたら、子どもは大喜び! 「何て言ったかわからない~」なんて言いながら爆笑です。

「どっちが早いか!」なんて競争してみても良いですね。

赤ちゃん返りしている場合

赤ちゃん返りについては、こちらの記事を見て下さい。

下に赤ちゃんが出来て、赤ちゃん返りしてしまっているのであれば、トイレトレーニングこそ、ママと2人きりになれる時間なんだと教えてあげましょう。

「赤ちゃんはお部屋で待ってもらおうね」「ママと2人でトイレ行こうね」と言いながら連れて行くと、トイレはママとの特別な時間が過ごせる場所だとわかって、楽しみに待つようになります。

もちろん、トイレだけではなく、他の時間もたっぷりスキンシップを忘れずに。

そうしないと、トイレばかり行きたがって、おしっこの間隔が近くなってしまいますので。

トイレが怖い場合

この場合は、トイレの飾り付けなどをやり直してみましょう。匂いはどうでしょう?明るさは?変な音はしていませんか?
大人は気にならなくても、子どもにとっては怖い物ってあります。

抱っこして連れて行ってみて、子どもがどこを見て嫌がっているか観察してみたら、原因もわかりますよ。

飾り付けなど変えたら、また始めからトレーニングをやりなおしていきましょうね。

自分の子どもがどの理由か、様子をしっかり見て対処しましょう。

トイレトレーニングのまとめ

トイレトレーニングは、絶対にいつから始めないといけないという決まりはありません。

子どもがトイレやパンツ、おしっこなどに全く興味を示さなかったり、おしっこの間隔が短かったりするときは、もうすぐ3歳だから始めないと!ではなく、子どものタイミングを待ってあげましょう。

逆にまだ1歳半だけど、トイレに行きたがるという場合は、始めても良いんです。

子どもの様子を見て、ママやパパの余裕があるとき、近々旅行に行くなどの予定がない時であれば、いつ始めても構いません。

始めたら出来るだけ続けてやりましょう。長い期間やめてしまうと、また始めからやり直しになってしまう場合もあります。

おもらしをしてしまうのは仕方ないこと。そこで叱るのはやめてくださいね。

「仕方ない、今までオムツでいつでも出来ていたんだから」と自分に言い聞かせて。

始めたらいつかはパンツになれるものです。

きっかけはそれぞれ違いますが、保育園や幼稚園に行ってお友だちと張り合ううちに、という場合もあれば、自分で「やるぞ!」と決心する場合もあります。

「トイレが好きだから」という場合もあるでしょう。

今までの成長と同じように、個人差があることなので、焦らず気長にトレーニングしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする