保育士が選ぶ、0~2歳におすすめの絵本

本好きになってほしいと思って、小さいときから絵本を読み聞かせようとするママやパパは多いでしょう。でも、絵本っていつ頃から読めば良いのか、どんな絵本を選べば良いのか悩むこともありますよね。

ここでは、0~2歳の段階に合わせて、どんな絵本を選ぶと良いのか、具体的にいくつか例もあげてみます。

  1. 0歳が好む絵本のタイプとおすすめの絵本
  2. 1歳が好む絵本のタイプとおすすめの絵本
  3. 2歳が好む絵本のタイプとおすすめの絵本
  4. 絵本を選ぶ時の注意点
  5. 絵本を読み聞かせる時の注意点

0歳におすすめの絵本

え?0歳で絵本??と驚かれる人もいるかもしれませんが、ママのおなかにいる時から読み聞かせをされる方もおられるくらいなので、いつから始めても早すぎるということはないんですよ。

とはいえ、まだまだ視力も弱い赤ちゃんです。始めのうちは、色や絵がはっきりしている物を選びましょう。

ストーリー性のあるものを読むより、1ページに1つの絵がドンと描いてあるようなものが良いですね。その絵を見てママやパパが「きれいね」とか「美味しいそうね」とかちょっと言うだけで充分です。

絵本に慣れない頃は、簡単な絵本でも最後まで見られないことがあるでしょう。それでも無理やり座らせて最後まで読み聞かせようとしなくても大丈夫です。無理強いすると絵本嫌いになりかねません。途中で去って行ったらとりあえずやめて様子を見ましょうね。もし戻ってきたらまた読んであげましょう。

そっと寄り添ってくれる温もりや、話しかけてくれる優しい声や雰囲気を、赤ちゃんが心地良いと思ってくれればそれでOK。

この頃におすすめなのは「いないいないばあ」や「もこ もこもこ」です。

少しずつ赤ちゃんが絵本に興味をもってきたら(絵本に手を伸ばしたり、じっと絵を見つめたり、絵本を閉じたら泣いたりしたら)、少し変化のある絵本を用意しましょう。

でもまだストーリー性のあるものは難しいです。擬音を繰り返す絵本が良いですよ。

保育園で人気なのは「つち どすん」や「じゃあじゃあびりびり」です。


「もこ もこもこ」もそうですが、あまり細かくなくて、はっきりと大きくてわかりやすい絵で、1ページに単純な言葉が付いているものが赤ちゃんは大好きです。何度か読むうちに笑い声をあげるようになってきますよ。

1歳におすすめの絵本

指さしを始める時期です。今までは読んでくれるのをただ聞いているだけでしたが、参加するのを楽しむようになります。真似をして言うのも楽しむので、0歳の頃と同じように言いやすくて同じ音のくり返しの物が良いですよ。

引き続き、絵もわかりやすい物を選びましょう。

保育園で人気なのは「だるまさんシリーズ」。「だるまさんが」「だるまさんと」「だるまさんの」と3冊でまとめて売られているのでぜひ読んでみて下さい。

「だるまさんと~?」と言いながらめくると一緒になって絵本と同じ動作をするようになりますよ。

だるまさんが↓

だるまさんの↓

だるまさんと↓

3冊セット↓

また「せな けいこ」さんの絵本も人気です。特に「ねないこだれだ」は大好きです。「とけいがなります」と言うと「ぼーんぼーん・・」と一緒に言っています。「だれだ~!」と大声で叫ぶ子ども続出の大人気絵本です。

絵本と同じ顔をしてあそべる「かおかおどんなかお」や「あっぷっぷ」も好きです。必死で真似をしようとする様子がかわいいですよ。

かくれんぼも好きになる時期なので、隠れている動物などを探すのも好まれます。「きんぎょがにげた」は昔からある人気の絵本ですね。

「うずらちゃんのかくれんぼ」も好きです。「あれ?どこに行ったかな?」と言うとみんな競うようにして指をさして教えてくれます。

1歳後半になると、少しずつ自分の身の回りのことを自分でやろうとするようになります。身の回りの生活を取り入れた絵本もよく見ていますよ。

簡単な挨拶や食事、トイレ、着替えなどが描かれた絵本も選んでみて下さい。「きゅっきゅっきゅっ」「おててがでたよ」なども少し長めですが人気です。「おやすみやさい」も好きですよ。これは短いので読みやすいです。

他にも人気なのは「とっとことっとこ」や「くだもの」「がたんごとん」などです。

2歳のおすすめ絵本

2歳も前半はまだ繰り返しや擬音の多い物が好きです。でも少し話に流れや落ちがあっても最後まで見られるようになりますよ。

「すっぽんぽ~ん」などの野菜シリーズや「ぞうくんのさんぽ」などのぞうくんシリーズなどが人気です。

保育園でうけたのは「なんでやねん」という絵本。これは関西弁が話せる人限定かな?でも面白いですよ。

「おつきさまこんばんは」もお気に入りです。夕方暗くなるのが早くなってきて空には月が・・「ほら月だよ」なんて子どもと話す機会があったらぜひどうぞ。

短いお話に慣れてきたら、少しずつ長い物も読んでみましょう。「ノンタンシリーズ」や「三びきのやぎのがらがらどん」「てぶくろ」などはくり返しもありながら、長めのストーリーも楽しめます。

子どもの大好きなおばけが出てくる「おばけのてんぷら」は保育園でも人気です。「りんごがひとつ」という絵本も面白いですよ。

昔から人気の「おおきなかぶ」もそろそろ読める時期ですよ。

絵本を選ぶ時の注意点

0歳~2歳に分けてあげてみましたが、その年齢はあくまでも目安なのでこだわらなくても大丈夫です。2歳になったのに0歳に紹介されている絵本をまだ喜んでる・・と悩む必要はありません。5歳児でも赤ちゃんと一緒に読み聞かせをしたらゲラゲラ笑ったりするんですよ。子どもによって好みが違うものです。擬音がとにかく好きな子どももいるでしょうし、この絵が好き!とこだわりのある子どももいるでしょう。子どもの好みにあった絵本を選ぶことが一番大事です。

絵本って買ったことのある人はわかるでしょうが、意外とお高い・・。「これ好きかな?」と買って読んでみたら全く見てくれなくて、がっかりすることもあります。いきなり買うよりもまずは図書館などで借りてみましょう。それで子どもが気に入ったら買っても良いですね。

お友だち同士で持っている絵本を交換するのも良いかもしれません。もし保育園に通っているなら貸し出しもあるかもしれませんね。そういうレンタルをうまく利用しましょう。

絵本を読み聞かせる時の注意点

絵本を読み聞かせるときは、なるべく丁寧にゆっくりと読みましょう。0歳の頃は特に意識してゆっくり。ページをめくるのもゆっくり。赤ちゃんが絵をじっくり見ることができるように、文章を読み終えてもしばらくめくらないで待っても良いです。

読み聞かせる前に、一人で読んでみるのがおすすめです。自分で文章を読みながら絵を隅から隅まで見てみましょう。どのくらい時間がかかりますか? 大人が見終わるよりも一呼吸長めを目安にしてゆっくり見せてあげると良いですよ。

ストーリー性のある絵本になると、緊迫のシーンとかなら急いでめくらないといけないこともあるでしょう。そういう絵本はページ毎にめくるスピードを変えたり、半分だけめくって隠してみたり、色々工夫するとより楽しめます。

とはいえ、あまり感情豊かに読みすぎても子どもが話の世界に入り込めなくなるので、加減が難しいですが・・。読み方が知りたいときは、絵本の読み聞かせをしているイベントなどに参加すると良いですよ。読む速さ、声の大きさ、出し方、めくり方などよく見て参考にしてみて下さい。

また、ストーリー性のある絵本を読み終わった後すぐに「誰が出てきた?」とか聞くのはよくありません。子どもは絵本の世界に入り込んで余韻に浸りたいんです。そんなときに復習するかのような質問をすると一気に冷めてしまいます。特に読み終えてすぐにはやめておきましょう。

子どもの方から「かくれんぼしてたね~」なんて話してきたら、色々質問をしたり会話するとまた楽しめて良いですね。

絵本が大好きになったら、何度も同じ絵本をくり返し「読んで」と言ってくるようになることがあります。2~3回なら大人も何とか付き合えますが、それ以上になると「え~!?また?」とうんざりしてしまいますね。本当は子どもが飽きるまで付き合ってほしいのですが、なかなかそうもいかないでしょう。

そういうときは次を最後にしようと思うときに「次でおしまいね」と一声掛けてから読み始めましょう。そして、読み終わったら「おしまい」と言って子どもと一緒に本棚に片付けましょう。「また明日ね」とか「またねんねするときにね」など次に読める時間を言っておくと子どもも納得してくれます。約束したらそれは守って下さいね。どんなに小さな赤ちゃんでもくり返し伝えることで何となくわかってくれるようになります。

そこで泣いたからと言ってもう一度読んだり、次に読むと言った時間に読まなかったりすると子どもも納得できなくなりますので気をつけましょう。

まとめ

読書が好きな子どもは、国語力が身に付いたり、想像力や理解力も付くと言われています。読書が好きな子どもにするためには、赤ちゃんのころから絵本に親しんでおくことが大切です。

絵本をきっかけにして親子のコミュニケーションがとれたり、話す言葉も増えていくので、ぜひ機会を見つけて読み聞かせてあげてほしいです。

まずは図書館や本屋さんに行って、絵本コーナーをのぞいてみましょう。並べてある絵本を見て「この絵、かわいい」とか「この色使い素敵」とか目についた物を手に取って中身を見てみましょう。気に入った絵本があったら手に入れて読み聞かせてあげて下さい。もし赤ちゃんが気に入らなくてもママやパパが気に入って読んでいたら、赤ちゃんも興味をもつはず。

赤ちゃんのお気に入りが見つかって、親子ともに楽しい時間が過ごせると良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする